産学連携デュアルシステムの後援企業募集

産学連携デュアルシステムの連携企業募集について

~ 国の「日本版デュアルシステム」推進のためアルバイトの職場実習受入企業の募集について ~

拝啓 産業界の皆様には、平素から本校に対し、卒業生の求人などで格別のご高配を賜り、衷心より厚くお礼申しあげます。本校の学事報告と自己評価報告書を公表いたしますので、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

さて、私共は、グローバル社会におけるマルチメディアの進展に応えて、情報ビジネス専門課程に、IT,情報処理、CG/Webデザイン系1~4年制のステップアップコースを設置。また、夏休みを8月の1ヶ月に限定することで年間授業日数を増やし、「半日学び半日働ける産学連携キャリアアップ制度」を推進して、年間授業時数1,000時間を確保。午前中は本校で学び、午後から後援企業などで働くことで、学生の経済的・職業的な自立支援を図っているところです。平成16年度から国が推進中の「日本版デュアルシステム(実務・教育連結型人材育成システム)」に先行して、私共では平成4年以来、自立を目指す学生を支援してまいりましたが、平成16年度からは専攻に関係するアルバイトについて選択科目「職場実習」の単位として6単位を上限に単位認定できるよう、産学連携デュアルシステムへと進化させて、4月1日付けで学則変更いたしました。

本校では少人数の習熟度別クラス編成制度で一般社会人や大学・短大卒業生の受入環境も整備。IT関連の豊富な選択講座で多様化した学習目的に対応して、ハイレベルなマルチメディア教育を目指しています。

「学費減免の奨学生や特待生など本校独自の奨学制度」も整備して学生の経済的負担を軽減し、産学連携デュアルシステムの併用で、学びながら働き易い環境整備に努め、国が推進する若者自立・挑戦プランをサポートしています。

このような教育理念の下で平成16年10月入学の1~4年専門課程の新入生並びに在校生対象に東京都専門学校部会のモデル校として、この制度のパイロットプランを実施。平成17年9月には、この制度による第1回卒業生が実習先のIT企業へ就職しています。

卒業生の声をお聞き下さい)

上述の主旨の下で、貴社内のパソコン入力やWebデザイン業務などIT関連部門において、午後からの時間帯(13:30∼18:00程度)で、アルバイト学生(3ヶ月~6ヶ月)の受入れをご検討いただき、ご理解とご支援を賜れば幸いに存じます。

なお、この産学連携デュアルシステムで、アルバイト期間中に学生の能力・適性を見極めた上で、卒業後の正規雇用をご検討いただくことも可能です。日本版デュアルシステムの詳細はWhat's 日本版デュアルシステムを参照ください。

末筆ではございますが、企業様のご繁栄をお祈り申し上げますと共に、今後とも、変わらぬご指導ご鞭撻の程、謹んでお願い申し上げます。

敬具

追伸:私共では、1~4年制専門課程の学生を対象とする上述の「午前に学び、午後から働けるデュアルシステム」を「産学連携デュアルシステム」と呼んでいます。職場実習修了後の就職に関しては、学生の能力・適性を見極めた上で、正規雇用について当事者間でご検討いただくことも可能です。これらのデュアルシステムの受入企業としてのお問い合せや後援会入会申し込みまたは求人登録は、以下のフォーマットにご記入の上、メール添付にて送信してください。

*お問い合わせメールアドレス  job@scit.ac.jp 就職支援センタ 小宮

*後援会入会登録はこちらから  後援会入会申込書

*求人企業登録はこちらから 求人企業登録メールフォーム