top > about us > news > Table Tennis of SCIT

新宿情報ビジネス専門学校

本校の卓球活動について

東専各卓球大会の結果について

平成9年度第21回大会

女子シングルス 橋本さん優勝!男子団体戦は準々決勝へ進出。学校長も教職員シニアで準優勝。21回東京都専修学校各種学校卓球大会が平成9年10月2日(木)・3日(金)の両日、東京都駒沢オリンピック公園内球技場で開催された。本校より8名が出場したが、女子シングルスの部で新入生の橋本詠美さんが見事に優勝。男子団体戦は準々決勝まで進出。男子シングルスでは留学生の蔡さんが3回戦へ進出。学校長も教職員シニアの部で準優勝した。

平成10年第22回大会

男子団体戦では第3位に入賞!学校長も教職員シニアで2年連続準優勝。第22回東京都専修学校各種学校卓球大会は平成10年10月22日(木)・23日(金)の両日、東京都駒沢オリンピック公園・体育館で開催され、本校より9名が出場。男子団体戦で念願の第3位に入賞。学校長も教職員シニアの部で昨年に続き準優勝。

平成13年第25回東専各卓球大会

平成13年10月11日(木)・12日(金)の両日、例年どおり東京都駒沢オリンピック公園・体育館で開催され、本校より男女9名が出場。男女ともシングルスとダブルス戦で善戦したが、何れも2回戦・3回戦・準々決勝などで惨敗。女子団体戦は幸運にも第3位に入賞。学校長も教職員の部で卓球を楽しみながら第3位に入賞した。

平成14年第26回東専各卓球大会

平成14年10月3日(木)、4日(金)の両日、東京都駒沢オリンピック公園・体育館で開催された。本校より男子学生5名がシングルス戦と団体戦に出場。男子団体戦ではリーグ戦の結果、第3位に入賞。学校長も大会役員で参加すると共に、教職員の部で準優勝した。

平成15年第27回東専各卓球大会

平成15年10月23日(木)、24日(金)の両日、東京都駒沢オリンピック公園・体育館で開催された。本校より10月期入学の男子学生5名が出場。男子シングルスでは、本保亮祐君が善戦し準々決勝(第16位)まで進出。学校長も大会役員で参加すると共に、教職員の部で第3位に入賞。両者共に全国大会の出場権を得た。男子団体戦は、1回戦で惜敗。今年は練習不足を痛感したところです。

平成16年第28回東専各卓球大会

平成16年10月14日(木)、15日(金)の両日、東京都駒沢オリンピック公園、体育館で開催された。昨年出場経験を持つ学生が大会翌日に、国家試験(情報処理技術者)を控えていることもあり、今年は団体戦の出場を見合わせて、10月期新入生5名(男子3名、女子2名)がシングルス戦に出場して、大会の雰囲気を楽しんだ。

平成17年第29回東専各卓球大会

平成17年10月13日(木)、14日(金)の両日、例年どおり、東京都駒沢オリンピック公園・体育館で開催された。 今年も昨年と同様に団体戦は参加できず、10月期新入生男子1名がシングルス戦に出場して3回戦へ進出。学校長も大会役員で参加すると共に、教職員の部で第3位に入賞し全国大会の出場権を得た。

第30~第34回 東京都専門学校卓球選手権大会
第23~第26回 全国専門学校卓球選手権大会

当校の学校長が東京都並びに全国大会の役員(副会長)として参加するも、団体戦はメンバー不足で参加できず個人戦の参加を余儀なくされている。

卓球愛好者募集中!

趣味として楽しむこともOK。試合に勝つ快感も病みつきになるほど楽しいです。

全国専門学校卓球選手権大会・女子シングルス部で全国優勝された、橋本詠美さんの体験談


PLAN(計画)・DO(実行)・SEE(検討)で念願の仕事に就職短大を卒業し、取り合えず一度は就職したが・・・・・ 私は、短大の体育科体育専攻でしたので、卒業後の進路については、スポーツから離れずに人と接することのできる事務職への道を目指 して、スポーツクラブの受付事務の仕事に就きたいと思っていました。しかし、就職活動にあたり、受付事務に必要なOA機器操作を始めとして、何一つ資格を取得して無かったことが要因と思われますが、目指した就職に就くことはできませんでした。卒業にあたり、取り合えず就職しましたが、どうしても就きたいという職業を選択したわけでなく、安易に選んでしまったこともあり、どうしても仕事に馴染むことができずに思い悩む日々を過ごしていました。このままでは、私の将来はどうなるのかと真剣に考えるようになり入社して半年後に退社しました。
必要な資格を取得するため専門学校の10月期コースに入学 。 短大時代に目標とした職業に就くには何をすべきかを考えて、資格を取得するため10月期に入学できる専門学校への進学を決心したのです。入学後はどの資格をいつ取るべきかを先生方と相談し、まず目標を設定しました。入学後1カ月間は検定の特訓を受け11月には文部省認定の秘書検定2、3級、11月には情報処理活用能力検定(J検)3級、4カ月後の2月にはビジネスコンピュータ(表計算)3級を取得することができました。
年が明けて3月から再度就職活動を開始しましたが、今回は提出書類の履歴書に資格を記入することができました。 まず、第一目標であるスポーツクラブへのアプローチを開始し、約20社へ資料等を請求しました。インストラクターの求人数と比べ事務職である受付業務の求人は思いの外少なく、書類審査から入社試験を経て面接試験まで辿りついた企業も数社ありましたが、いずれも結果は不採用となりました。周りのクラスメートたちが内定通知をもらうにつけ、焦燥感もでてきました。そして、あまりに高い求人倍率に、業界にとらわれず一般事務職も含めた求職活動も同時に挑戦し始めたのは5月も終わりの頃でした。6月にはビジネス能力検定試験に合格し、 9月にはビジネスコンピュータ2級の資格も取得し、第一志望の受付事務でスポーツクラブから内定通知をもらったのは卒業まで数週間を余す頃でした。諦めずにがんばり、そして第一志望の職種に内定。一度は断念しようかと弱気になりかけたこともありましたが、一度決めた自分の将来を簡単に諦めてよいのかと葛藤する毎日でした。しかし、諦めずに自分で決めた進路に向かって地道に活動することで、道が開けたように思われます。
これから就職活動を迎える皆さん、まず何をしたいのか、つまり職種を決めることから始めることです。次に、その職業に就くに必要とされる資格に的を絞り、試験勉強に励まれてはいかがでしょうか。
PLAN(計画)・DO(実行)・SEE(検討)のステップは仕事をする上だけでなく、事をなそうとする時には必要となるものの考え方です。 私は10月に入社し、現在は研修に追われる毎日です。かなりのレポート提出をかかえ睡眠時間も十分にとれない日が続いていますが、私が好きで選んだ道ですから、多少の疲れはあっても充実感のある毎日を送っています。秘書検定の勉強をしたお陰で、接遇のケーススタディで 言葉の使い方などは他の研修生よりもスムーズに対応することができ、担当から誉められました。目標とした資格を取っておいて良かったと改めて感じました。 また、全国専門学校卓球選手権大会では、女子シングルスの部で全国優勝できたことも、専門学校生活の良き思い出となっています。

卓球愛好の新入生を募集(一芸一能自己推薦)

卓球を愛好する方でマルチメディアや情報処理専門学校へ進学を検討している方は、一芸一能自己推薦入学制度をご検討ください。本校では「マルチメディアの進展に応えて、目指せ!ITプロフェッショナル。」を目標テーマに掲げておりますことから、大学卓球部のような本格的な練習はできません。卓球大会前の2~3ヵ月位を目途に週1回程度、楽しみながら練習しているところです。

卓球関連外部リンク

卓球王国
卓球 ALL ABOUT
財団法人日本卓球協会
東京都専門学校卓球連盟
全国専門学校卓球連盟