資料請求はこちら!

よりハイレベルな技術の修得のために     目指せ!ITプロフェッショナル

キャンパスライフについてお知らせしています

学生一人ひとりの実力・能力に合わせ、ークラス20人または40人で編成します。大教室におけるマスプロ教育の弊害を避け、教師から学生への親身の指導をモットーに、個人の実力を最大限に発揮できるようにします。特別奨学生や懸賞作文(資格)特待生など、経済的支援による本校独自の学費(授業料)減免特待生制度があります。

通常のクラス授業に加えて、先進のパソコン対話型教育支援ツールで学生は講師の画面を、講師は学生の画面を見ながら個別指導できる最新の教育システムを導入。受講者の能力に応じたきめ細やかな指導が受けられます。学内は高速なネットワークと充実したサーバを完備。情熱ある講師が多様な教育支援ツールを用いて、授業進度に合わせた個別指導をすることで、ムリ・ムダのない学習と学習効果の飛躍的な向上が期待されます。
まさに、「講師設備もハイレベル!」

夏休みを8月の一ヶ月に限定することにより、半日学び半日働ける産学連携キャリアアップ制度(デュアルシステム)で年間授業時数1000時間を確保。例えば、昼1部コースは午前中が必修科目、CG/Webデザインなど午後の選択科目は2時40分に修了。経済的自立を目指して、午後の時間帯(13:30~18:00程度)でアルバイト希望者には、産学連携デュアルシステムで、選択教科「職場実習」の単位が認定されます。入学期は4月入学と10月入学のセメスター制学修システムです。

マルチメディアなど先進のIT機器をもちいてIT(情報通信技術)を総合的に学べるシステムですので、時代の二一ズにマッチしたハイレベルな職業社会人として有利な就職ができます。また、卒業生の就職は、学生一人ひとりが希望し適性に合った職場に就職できるよう、適職指導をきめ細かく実施しています。(無料職業紹介事業届け出校)
「目指せ!ITプロフェッショナル」が本校の目標テーマです。

1年制専門課程には「社会人入学・学士入学制度」があります。入学目的が明確であれば原則として、自己推薦入学が可能です。1年課程から2年次へ進級し、2年制専門課程を修了後、上位のマルチメディア研究科や4年制マルチメディア学科3・4年次へ編入学して、本校で体系的な3年課程または4年課程の学修も可能となっています。本校では、このことを「1~4年のステップアップコース」と呼んでいます。また、大学3年次編入学指定校推薦制度で一部の大学3年次へ推薦入学も可能です。
なお、最近は大学3・4年次などの学生が、本校の1年制情報ビジネス学科とのダブルスクールでIT関連の国家試験講座やキャリアデザイン講座を受講し確実な就職を目指しています。

2年制専門課程の卒業生に、「専門士」の称号が付与されます。また、専門2年・大学・短大卒者を対象に上位の1年制マルチメディア研究科を設置しています。 文科省は「学校教育法等の一部を改正する法律」の規定で、専門学校卒業生(専門士)の大学3年次への編入学や大学・高校との単位互換制度の推進を図っています。
なお、平成17年12月9日付の官報で、本校の「4年制マルチメディア学科卒業生」に「高度専門士の称号」と「大学院入学資格」が付与される4年制専門課程として認可・告示されました。